おとぎの国をテーマに

結婚式の演出を考える時、テーマがとても大事になります。たとえば、花嫁が憧れるかわいくて、おちゃめで、好奇心にあふれたおとぎの国のような世界を表現したいというものでもいいでしょう。とっておきの魔法の数々を二人で用意して、ゲストをとびきり笑顔にできるような演出を考えていくといいですよ。

ゲストを迎えるウエルカムスペースの入り口には、ピンクの生花でつくったアンティーク調のリースを飾って目印にしましょう。花婿と花嫁の思い出の小部屋をイメージするように、大きな天蓋をセットします。そこには、少年少女だったころの大切な思い出のアイテムやふたりの記念品を並べ、花嫁が両親からもらった宝物や花婿が野球やサッカー少年だったころの品々などを並べるといいですよ。思い出のあたたかなぬくもりをゲストに感じてもらえるようにという願いを込めて並べていきます。

宮殿をイメージした式場選びを

ゲストテーブルの装飾のテーマはスイーツにして、マカロンタワーやマシュマロタワーなどを配置します。そして、まるでデザートみたいにあまい雰囲気のお花やキャンドルをかわいらしく飾るといいでしょう。スイートな魔法で、ゲストたちを夢心地に導いていきます。

式場は、テーマの雰囲気に合うように、シャンデリアが輝き宮殿のイメージにあうようなところをセレクトするといいですよ。バルコニーを背景に、王子様とふんわりとボリュームのあるドレスとスワロフスキーがキラキラと輝くブーケをもったおとぎの国のプリンセスが、微笑みあう様子もしっくりとくるでしょう。

郡山の結婚式場ならば、理想的な挙式が可能です。美しいロケーションの結婚式場もありますから、一生の記念になる写真を残せます。